仁☆晴雲のホームページ「人生は運!」へ、ようこそ。

占いの世界でも2月4日から2020年が始まりました。

今年はもちろん子年ですが、子でも六十干支のうちの「庚子」の年になります。
六十干支は60種類あるため、生まれた年が再び巡る時を還暦と呼びます。
? また東洋占星術の世界では「子」は生き物のネズミではなく、本当は種子のことをイメージしています。
種子を地に埋め、やがて芽が出て花が咲き、最後は枯れて土に戻るという流れが十二支でもあります。

? 何れにしても「子」は始まりのイメージでもあり、特に「甲子」になると甲も始まりなので六十干支の最初です。
高校野球で有名な甲子園はその甲子の年にできたので縁起がいいからと甲子園と名付けられたのは有名です。

? 今年の「庚子」の「庚」はイメージでは剣とか斧のイメージ。
個人的には畑を耕すクワでもいいのかなと思います。

? 硬い不毛な大地でも鍬で一生懸命に耕して、そこに新しい種子を入れて未来につなげていくという2020年になればいいのではと思います。
だとすると、今年は少々困難があってもくじけずに頑張って、新しい種子を入れるべき年なのかもしれません。
? また「庚」は、五行で言えば金行なので、機械的なイメージもあるでしょう。

? ということで2020年に人生で初めて鹿児島県の種子島に出かけました。
? 戦国時代の鉄砲伝来で有名な種子島ですが、今や鉄砲だけでなく、宇宙船のイメージもあります。
どちらも金行になります。
まさに「庚」と「子」を象徴する場所と言えるのではないでしょうかね。

今年の4月は方位的にもいいので、ぜひ種子島行きをおすすめします。


人生は運!運には天運、地運、人運の3つあります。占いとはきっとそれらをうまく感じるための知恵なのでしょう。
だとすると、活用しない手はありません。占術師よりも、開運ナビゲーター。
悪い運気が待っているなら、いかに事前にその正体を掴み、それを逆手に活用して運気を上げるか、それが仁☆晴雲のテーマです。
でも究極の運気アップは「いつも笑顔でいる」ことです。


晴明井(晴明神社にある晴明公が念力により湧出させた井戸。水の向きは毎年、その歳の恵方になっています。その昔、千利休の屋敷があったとも言われています。)



人生は運!